アクネ菌とは

ニキビの原因で有名なアクネ菌とは?

アクネ菌

 

皮脂を栄養分にして繁殖する菌のことです。
医学的にはアクネ桿菌と呼ばれています。

 

アクネ菌が皮脂を酸化させて、炎症を起こさせます。

 

洗顔石鹸などで毛穴に皮脂が詰まると、
ニキビができやすくなるのはこのためなんですね。

 

この炎症をニキビと言います。
白ニキビと赤ニキビがありますが、
アクネ菌が原因になるのは赤ニキビです。

 

アクネ菌以外にも、
顔ダニやニキビダニもニキビの原因になっていますが、
共通しているのは皮脂を栄養分にしていることです。

 

正しいスキンケアで、
アクネ菌が活性化しないような肌を保てれば、
ニキビができにくくなります。

 

おすすめのニキビスキンケアはビーグレン